スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サイドカバー

エンジンのOHをお願いしているmotor square RAT 長谷川氏と、
塗装をお願いしているWHOLE NINE 田中氏の満場一致により、
ある特務機関(ヤフオク)から届いた一対のプラスティック。
サイドカバーでした。


ムキ出しの左側は無論、


当初、右はサイドカバー付いてるものだと思い込んでいたオイルタンク。

「パリっと仕上げるなら、CBの純正のサイドカバー付けた方が絶対にカッコイイ。」

と両氏。

早速塗装ベースのカバーを購入!

タイソンが噛んだ跡。


残念ながらエンブレムはナシ。





「ペイントベース」。
書かんでもええがな。

少しずつパーツが揃ってきました!

暖かい季節が近づいてきたのでバイクが恋しいですな。
もうすぐ春ですねッ!!!!!!!

フロントフェンダー

我がリックマンにはフロントフェンダーがございません。


どうやらフェンダーを付けるにあたり、必要な部分がチョップされてしまってる模様!

motor square RATの長谷川氏曰く、
フロントフェンダーの取り付けにはまたもや加工が必要との事!

そしてフェンダーの形、素材ももちろん様々!





伝統的なリックマンには当然、フェンダーが付いております。


やっぱり、フェンダー付いてる方がカッコイイですね。
なぜ、前のオーナーは必要な部分をチョップしちゃったんでしょうか。

そしてパーツ集めがまたもや始まります!!

サスペンス!

motor square RATの長谷川さん曰く、
エンジン仕上がってもサスペンションこのままでは乗り心地が良くない。
との事。

確かに、nice!motorcycleから明石のmotor square RATの高速道路の道程、
地面の固さをモロに感じつつ走っておりました。

氏オススメのサスは、以前当ブログで紹介致しました、

プログレッシブのサスペンション。
リーズナブルで扱いやすく良いパーツであるとの事。

もう一つのオススメはKONIのサス。
馬車具などの製造から150年以上の歴史を持つという伝統的なパーツメーカー。
残念ながら、2000年を以て二輪用のショックから撤退。
レアなパーツになっていて、入手困難、当時ものなどはかなりの価格。

現在はモーターステージが製造権利を得て、「IKON」として販売しているとの事。


こちらも性能、価格ともにオススメの一品。


乗り心地は足下から。

馬に負けないしなやかなショックを装着したいですね。


ジャンク山

nice!motorcycleより、リックマンの予備パーツ(ジャンク)を頂きました。


段ボールいっぱいの夢と希望。
はたまた人類に厄災をもたらすパンドラの箱なのか。


スピードメーターにタコメーター。
今リックマンに付いてるメーターと同じくマイル表示だが、文字盤の色が違う。
緑の文字盤はK2のもの。
青いのはK1?
当時のレアなパーツ!!




ウインカーに、


小糸製作所のモーターサイクルヘッドライト。
純正ではないけど歴史のある自動車照明部品メーカーのもの。




バッキバキのサイドカバー。
残念ながら左カバーは使い物にならず。。
古いってだけでこんな状態になるものなのか??

他にもワイヤー類、無数のボルト、ナット、etc....
ひっくり返すと部屋が埋まりそうな勢いのジャンク部品が多数!

結局、エンジン仕上がってすぐ欲しいものは無く、
相変わらずパーツ探索の日々。

オークションに出せば売れるものもあるかも!?





イモラ対メカイモラ

 motor square RATの長谷川さんに見せて頂いたドゥカティの本に載っていた900SS。

こういうスクリーンなら少し加工してリックマンに付くかも。

という事で早速探索。


ブルックランズのイモラカウル。
スクリーンのみの販売もあるとか。



ネジの位置などは違うが確かに付きそう。

氏曰く、サイズが近ければ少し加工。
全く違えば買い直し。

リスキーでピーキーなパーツ。
でも一番になんとかしたい所。

「パリ」っとさせる道程は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。


長谷川さん愛用のピストン灰皿で一服。

使い古したピストンの有効利用。

地球にも優しい長谷川氏。

ぜひ良いマシンに仕上げて下さいまし。



マンインザミラー

前述の通り、カウルスクリーンを装着すると今のミラーがここではない何処かへ。

車検を通す為だけに付けられた、その時代には存在するはずのないオーパーツ。

目下スクリーンの装着は当然の様に考えているので入院中にも良いミラーを。

こういったレーサースタイルに付いているミラーは、

バーエンドが主!


丸いのも。


雑誌で見た、ガレージクライムのオーナーさんが所有している赤いリックマン。

カウルにタルボットミラー!

このスタイルカッチョエエ!!

TOYOTA2000GTのミラーもこんな形。
今の車にはこんなミラー付いてなさそう。
ミラー探しを車パーツで行うか!
貴重なミラーのようで現在は入手は困難な様子。



明日から道行く車のミラーが気になってしょうがなくなる!

ような気がします。

Wheel of Fortune

我がリックマンのホイール。

キャストホイールに、EAGLEタイヤ。
お気に入りポイントの一つです。

伝統的リックマンホンダのホイールはスポーク率高し。


一方リックマンカワサキのホイールはキャスト率高し。

ベース車両によるものなのでしょうか。
CB750はスポーク、Z1はキャスト。
我がリックマンのホイールはkawasaki寄り!

ホイールでかなり印象の変わるバイク。
性能や乗り心地、それぞれの持つメリットデメリットなどなど、
最終的にはデザインの好みに委ねられるのでしょうか。


種類はまさに無限大!

正にオシャレは足下から!

ピストンズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

という訳で手元に届いた、愛しのピストンズ。

鏡面仕上の純正の輝き。
ピカピカすぎて脅威すら感じる美しさ。
×4。
輝きが4倍。


コチラはピストルズ。


ピストンリング。


小型ダイナマイト。
ではなく、ピストンピン。

アウトローな匂いがするので開けれませんでした。

彼らを連れて次回の休日には、motor square RATへ、

長谷川さん、ヨロシクお願い致します!

モルグ

nice!motorcycleにて撮影。
リックマンの付属パーツらしいです。


「リックマン」と書かれた箱にパーツの予備がワンサカ!!



割れたサイドカバーやら、タコメーター。
ウィンカーにケーブル類や配線などなど。
氏曰く「使えるものもあるから持って帰って下さい。
     本田君の面倒は見れません!」
と一蹴!

こういったパーツにも色々な歴史があると思うとワクワクしますね。
宝探しの様に使えそうなパーツを選定します!


握る。

リックマンのイメージカラーが白と黒のツートン。
という事で、グリップを白く!
大神戸共栄圏にて白いグリップを購入。

白い!
車の外装に使われる最高品質の三井化成のゴムを使用しており、
妥協の見られぬ一品!


縦溝の一本一本にも「愛」を感じます。


リックマンの契約前に意気込んでし、インチだがスペーサー付ければミリにも付くだろうと、
インチ用を購入しましたが、
最近、なんとミリバー用も登場!

おおお!

お求めやすい価格なので、ミリ用の購入も検討中・・・。


<< | 2/3PAGES | >>

当ブログはLINK FREEです。
アドレスは
http://rickman-kobe.jugem.jp/
でご登録お願い致します。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RICKMAN HONDA@KOBE

twitter

sponsored links

▼mail to