スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ゴールデンアワー

motor square RATさんへ。

フェンダーの無かったリックマンに、棺桶王子ことやー氏の協力を得て、
雰囲気だけでも見る為に、SR用のアルミフェンダーを持参。

なかなかいい感じ!



実際に見るとアルミアルミしていましたが、これがスチールメッキになると更によさそう!

という事で、スチールメッキのフェンダーを付けてもらう事に。

リックマンにはFRP素材の、ボディと同じ色のフェンダーが付いている事が多いですが、
個人的にはメッキの方が好みでした。

納車は間もなく!


カウルスクリーン

motor square RAT 長谷川氏からお送り頂きましたリックマン便り。


スクリーンの無かったカウルに、

ドゥカティのイモラスクリーンを装着してもらいました!

リックマン純正のとがった感じのスクリーンとは全く異なる形状。





前面からのアングルも最高にかっこいいです。



スクリーンのおかげで、顔面への向かい風をほぼカット!


バーエンドのナポレオンミラー。
後方確認もバッチリです。

細かいセッティングや点検を経て、間もなく完成の予感!

こんなレーシーな燃料噴射装置付自殺マシーンで走れると思うと、
ドキドキが止まりません!



ハロー!リックマン。

久々に入院中のリックマン君に会いに明石はmotor square RATへ。



奥の裸んぼうのムキ出しバイクがリックマン。


ビフォー・・・



アフター!

「なんということでしょう。」


レンズの引っぱがされたライト。


思い切ってタンクはコフィンに。(ウソ)

コフィンと言えば棺桶王子こと、やー氏のミラクルコフィンタンク

リックマンの外装ペイントをお願いしているWHOLE NINE 田中氏の作品。
サイケでイカしたタンク。
我がリックマンの外装も負けず劣らず進行中!


特徴的なリックマンフレームのテール部分。
シャチホコの骨の部分ですな。


こんな状態でも4発エンジンはココロトキメク。


積まれたばかりのエンジンには優しさの象徴、毛布が。

見た目ほとんどが外装パーツのリックマン。
こんな姿はなかなか見られませんな。

完成間近!

・・・・なのか・・・??

桜のころならば

nice!motorcycleで購入当初、色々なパーツが足りていなかったリックマン。



motor square RAT 長谷川氏より、連絡を頂き、

カウルには、ブルックランズのイモラスクリーンを。
 

ボヨンボヨンだったサスペンションは、

プログレッシブのサスペンションに!



ミラーはナポレオンバーエンド!※イメージ。

装着される姿は残念ながら資料はございませんが、
WHOLE NINE 田中氏のペイントと合わせ、着実に完成に向かっております。


そろそろ暖かくなってきそうなのでバイクに乗るのが楽しみです!

春には完成か!?


フリーアズアバード

 オーバーサイズピストンを手にいざ明石!

明石駅を降りると、無数の鳥の洗礼を受け、



明石海峡を臨み、

歩く事およそ10分。

motor square RATへ到着!

早速長谷川氏にピストンを手渡し、
「お願いします。」

「分りました!」

1ヶ月半ほどの時間がかかるとの事。

永い眠りを経て転生するリックマンのCRキャブが届いてたので見せてもらいました。










混合気作成4連式殺人メカ。

退院が待ち遠しい毎日。

エンジンが仕上がるのが楽しみです!

ピストンがピストンの下で・・・!

エンジンのボアアップに必要なオーバーサイズピストンを探索。

ネットで探すとやはりよく出てくるのが「WISECO」のピストン。
ネコも杓子もワイセコ。


もちろん良い品なのだろうが、
motor square RATの長谷川氏曰く、

「ピストン」は純正がいい。
社外のピストンは圧縮圧力が上がり、熱も持ちやすいので長く乗るならやはり純正がオススメ!

との事で、純正パーツを調達中!



届いたら、motor square RATへ持ち込み!

更に永い入院生活が始まる予感!



「拳聖」のように素晴らしいピストンを得て、復活の時を待つリックマン。

哀愁の背中。

サスペンション

motor square RATの長谷川氏曰く、
リックマンの「サスペンション」がボヨボヨ。


元々、足つきの問題もあったので、
様々なパーツを探索中。

ネットでリックマンの参考画像を探してみるとよく出てくるこのオレンジのリックマンには

至ってシンプルなサスペンション。


青いターボリックマン。
こちらもシンプル。

Rickman kawasakiのは!

Zのサスもシンプル!



王道オーリンズ。
リックマンには確かに合わないのかも。


プログレッシブ1200シリーズ。
シンプルでカム式5段階調整が可能!

自動可変バルブ内蔵。

よさそうだ!!

乗れぬ間にもパーツ探し。
これはこれで結構楽しいもんです。

寒い季節の電車通勤も乙なもんですが、早く乗りたいもんです。

リックマンHONDA@motor square RAT

元気な姿で会いましょう。

西へ!

nice!motorcycleでお世話になりっぱなしのヒューズバッチリのリックマンを受け取り、
その足で神明高速に乗り、目指すはmotor square RAT!!

国産4発に詳しいお店と聞き、お話を伺いに。

具合悪いながらも、30分程で到着。

高速道路って便利!!

お店の周辺には、多くのミニバイクが!


ロケッティアなベンリィ。


DAXや、

HONDA ZOOK。


タイヤのパターンが足跡。
1990年に「都会派ヤング向けのトレンディなニューモデルとして」世界のホンダより発売。
珍車ですね。

店内にもMONKEY。

並んでいる姿は愛らしい事この上なし!

なんとなくこんなイメージ。

早速、長谷川氏にお話を伺い、キャブレターの交換をし、エンジンのオーバーホールを検討!

キャブは相談の上、憧れのCR4発を!
エンジンはオーバーサイズピストンにシリンダーボーリングでボアアップ。
800ccになるそうです。
エンジンの方は、キャブの取り付け後に再度相談になりますが。

という訳で我が家にはなかなか帰って来れないリックマンですが、
今後も末永く乗るため今回も入院です!

パリッと完成する日までじっくりと時間をかけてゆきます。

| 1/1PAGES |

当ブログはLINK FREEです。
アドレスは
http://rickman-kobe.jugem.jp/
でご登録お願い致します。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RICKMAN HONDA@KOBE

twitter

sponsored links

▼mail to