スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

着ているようで着ていない

ある夏の蒸し暑い日、halogreさんにて購入した新作のTシャツ

黒、白、紺の3種類のうち、これまで持っていなかった色と言う事で紺をチョイス!



着ているようで着ていない、「だまし絵Tシャツ」!

蒸し暑い夏に嬉しい天然素材100%。



例によって例の如く、肉厚のボディ!

halogreさんのTシャツはデザインもさることながら、シャツの丈夫さも魅力的。

手元にもいろんな柄のTシャツが増えて来たので、
今シーズンはガッツリローテーションでも耐えれそうです。



ヤレずに長持ちという、財布の紐の固い私にはありがたい存在。



Schottのライダースジャケットを基に、細かく丁寧にデザインされています。


またしばらく雨続きでバイクに乗れぬ日が多いですが、
なんちゃってなライダー気分を味わう楽しみ。

残念ながら本物の革ジャンが全く似合わない私ですが、
このTシャツはしっくりきております(飽くまでも主観ビュー)。


ヘルメット アンダーグラウンド

halogreにて購入した、THE HELMET UNDERGROUND ラグランTシャツ




元ネタはアンディ・ウォーホルのデザインによる、
「THE VELVET UNDERGROUND」のレコードジャケット。

バナナ部分がチャンピオンプラグに。

ロゴは「ベルベット」ではなく「ヘルメット」に。

デザインはPOTS DESIGN氏によるもの。

堅いプラグがセクシーにふにゃっとなっている様子が大好きです。


ぬかり無く細部まで書き込まれております。

「CHAMPION」のロゴ部分は「halogre」に。



夏の直射日光から腕も守ってくれる七分袖。

半袖のTシャツ焼けよさらば!



LIP&HELMET

夏といえばTUBEではなく、Tシャツ。
ヘルメットとサブカルチャー、音楽までをも司る地獄の王の住むhalogreにて、
LIP&HELMET Tシャツをゲット。


POTS DESIGN氏によるデザイン。

舌の代わりに飛び出すはBELL 500-TX

元ネタはモチロン、

アンディ・ウォーホルのリップ&タン。
ローリング・ストーンズのロゴです。




綿100%のグッドな着心地!

肉厚で何度洗濯してもへたれません。

かなりのヘヴィローテーションが出来そうです。


ロゴはBELLではなくhalogre

クオリティ、センス、着心地レベル高し!

夏はTシャツ選びがひとつの楽しみです。

赤い翼

多くの修羅が住まう西宮は某所にあるhalogre オーナーのガレージにて、

近未来の機械「iPhone」を使い、遠い星の知的生命体とのコンタクトを試みるオーナー


そんなガレージにて、レッドウィングのエンジニアを発見!

10数年前に購入し、今は履いていないという事で譲り受けました。

かなりヤレているものの、状態も良く、サイズもバッチリ!


ヤレ過ぎて、タグが真っ直ぐになりません。




灼熱のゴビ砂漠を横断し、擦り減ったソール。


巨大なヒグマを蹴り倒した時に付いたキズ。


カリブ海でサメに襲われた際に付いたキズ。

グレートジャーニーを繰り返して私の手元にやってきた宝物です。

これでリックマンのキックも軽々か。

セルしか使わんか。

偉大なる死

halogreに立ち寄った際に、

Grateful Ride T-shirtを購入。


見ての通り「The Grateful Dead」のパロディ。



デスヘッドにヘルメット。

関西人のノリ。

油性プリント特有のゴワゴワした感じがなく、まるで水性プリントの様
に施されています。
プロシュート兄貴(オーナー)曰く、
「プリント部分(お腹とかパイオツとか)の皮膚がカユい時も指の感触が届くんだ。」





コットン100の肉厚素材。

4000円でお釣りが。

近くのコンビニでうまい棒でも喰って下さい。



そろそろTシャツ焼けの季節ですな!

NAPA GLOVE

鬼の哭く街、元町はhalogreさんで購入したNAPA GLOVE

茶色をチョイスしました!

購入当初から、柔らかいディアスキンレザー。

少し哀しそうな瞳の鹿が切なさをかき立てます。

100年以上の歴史のあるグローブ。


柔らかい鹿革は着け心地も違和感無し!

クラッチもブレーキもストレス無く握れそうです。


WRYYYYYAAAA!

なじむ!なじむぞ!

本当によくなじむッ! 最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアア!


ディアスキン(鹿革)という事で、素材の提供者である鹿坊さま。

「どうぞ。」

と快く。

彼の臀部の皮の一部で作られたそうです。(ウソ)





dvhgな夏

近頃めっきり暖かくなって来て、バイカーの皆様はツーリング日和ですな。

暖かい暖かいと思っていると、既に暑い日も。

そろそろTシャツが恋しい。

ビンテージヘルメットの館、halogreにて購入した「dvhgTシャツ


数あるhalogre Tシャツの中でも唯一無二のベース色。
発色の良いオレンジ。

気に入って衝動買いです。


d:どんな時も
v:ヴィンテージを愛し
h:離れられない
g:ゴン中山


ホントウは、

d:drastic=激烈な
v:various=様々な 
h:hardboiled=強靭な
g:groove=高揚感のある演奏のノリ

だそうです。


・・・が、真意は、

d:ドメスティック
v:ヴァイオレンス
h:ハロ
g:グレ

なんと暴力的な。

の腐敗と自由と暴力のまっただなか!!

今日よりも明日!


肉厚なヘビーオンス生地はコットン100%!


首元もしっかりした造りで、洗濯機でガンガン回してもヤレません。

ヤレない首元、折れない心、眠れない夜、心ない隣人。

ヘビーローテーションがポッシブルです。



Von Dutch風Tシャツロゴ。


裏にはMADE IN KOBE!

神戸ッ子にはたまんねス。

流石のコットン100、着心地も良く重宝致します。

ドンドン着込んで味出して行きます!

ホネホネロック

年末にhalogreにてカーディガンを購入!



ただの無地のグレーのカーディガンと侮る事なかれ!

袖を翻すと、



ホネ丸見え!!

※この髑髏のひとは実在の人物、団体と関係ありません。

こういうちょっとした遊び心のセンスには脱帽。


ヘルメットに目が行きがちなハログレさんですが、
「design vintage」の名の通りヴィンテージヘルメッだけでなく、
オーナーこだわりのデザイン衣類も充実!
中でも異素材ライダースは特に素敵な一品です。

オマケ。

「ひとくいしゅうちょう」て。
今世紀には残せない名曲。
子供ながらにトラウマ決定の1曲でした。

| 1/1PAGES |

当ブログはLINK FREEです。
アドレスは
http://rickman-kobe.jugem.jp/
でご登録お願い致します。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RICKMAN HONDA@KOBE

twitter

sponsored links

▼mail to