スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

シルバーチャリオッツ

夏なのでメットも衣替え。



フルフェイスのBELL STARでの活動限界が真夏日は5分程になってしまうので、



アンビリカルケーブルは常に断裂。

真夏は太陽の暑さに加え、エンジン熱。

自身のオッサン熱と3重苦。

せめて顔面だけでも涼しい顔して乗りたいです。

という事で、



昨年、halogreさんで購入したBUCOのビンテージギンギラメット。



そしてシールドバイザーを装着。




勝手にフリップアップステーを装着。

視界が良くなります。

これで夏の活動限界が飛躍的に伸びました。

梅雨が終わったらどこへ行こうかなっと。



ブコドラゴン

先日、halogre オーナー有するヴィンテージヘルメット塚へお邪魔。

レアでヤバそうなヘルメットがビッシリ!

毎日違うメットを被る事も可能。

デザイン、色、形、大きさ、機能性。

様々な要素が重なり、お気に入りのメットが見つかるんですなぁ。

カラフルで艶やかなヘルメット群を見ていると夢心地。

そんな中でも一際異彩を放つレアメット、BUCOドラゴン!

特徴的で暴力的なフレイムス柄がカッチョ良すぎます。




レア過ぎるこのメットが何気無く置かれているのがスゴイ!


立ち並ぶ姿はド迫力!

市場に出回る事が少なく、ナマで見られる機会の少ないヘルメット。

聖地にはまだまだ何らかの秘密が有りそうです!



幸せの黄色いシールド

先日立ち寄った、断罪の塔halogreにて

BELLの純正シールドをゲット!

全天候対応色の黄色。

晴れでも曇りでも、朝でも夜でも、わりと良く見えます。

オーナー曰く、

「この色、オタッぽくて貴様にピッタリだ。」

普通はクリアかスモークだそうです。


台紙まで残っているレアもの。





早速装着!

ビンテージヘルメットは高価なのでおいそれとは代えられませんが、
シールドの色なら割とお手軽に!

それでもBELL STAR シールドは簡単に出てくるモノではないそうですが。

そろそろ夏なのでフルフェイスはキツいか。

冷房の効いた阪急電車も捨てがたい季節でございます。


やばいものを拾ったっス!

仕事後に立ち寄ったハログレさんにて、オーナー殿が、
「こんなモノが入っとるで!UREYYYYYYYY!」と、
紹介してくれたBELL STAR用のバイザー。


袋と説明書?まで付いてるパーフェクトビンテージ!

早速お買い上げ!





前回のバイザーと比べると一目瞭然!


凄まじい透明度!




ピッタリ!と装着出来ました!

下部のスナップボタンを止めるとフリップアップ不可能な状態に。

こりゃあ、冬は曇りまくりだろなぁ。

あと、夏は蒸れるだろなぁ。

ん?需要あんのか!?

まぁ、カッチョ良ければ全てベネ(良し)!


ファニーな白鳥?のロゴ。
IDGというイギリスのメーカーらしいですが、ネットで調べても一切出てきませんでした。
今や廃業?
古い企業の何気ないロゴがツボったりします。




スタープラチナ


halogreさんでゲットしたBELL STAR。
目幅が極めて狭いので、ゴーグルはもちろん、サングラスでさえ掛ける事はインポッシブル。

そんな中、オーナーさんから授かった神器。

やれた感じがステキなバイザー。
ヘルメットを司る地獄の神が、あるユダヤ人の男の魂と引き換えに与えた最古のバイザー。





旧き善きものの象徴、マイナスネジ。
古いものなので割れちゃってますが、風防としてはイナフです!

装着!

これでリックマンに乗ってすっ飛ばした時に目ん玉が飛び出る心配無しです。


北風が勇者バイキングをつくった

ハログレ店舗にて、お引っ越しの前に撮影させて頂きました!
ヘルメットが山ほどあるのはご存知の通りなので、それ以外の気になったものを。


お宝!Vikng GOGGLE
イタリー製のデッドストック。
箱まであるんですな。
オフロードメットだけでなくオンロードフルフェイスから、ジェットまで。
ビンテージメットにはコレ!
残念ながら我がBELL STARでは目幅が狭すぎて使用出来ません。。。


メットバイザー
色、形、様々ですな。
その日の気分で色々付け替えてみては!?


こんな風変わりなレザーバイザーも。


ディアスキンNAPA GLOVE
雨の日も風の日も、強い鹿革が手を守ってくれます。


ピカっとひらめき!の照明器具。
レアなBELL MOTOもライトになっちゃってます。


オーナー私物のシフトノブ。
見事な水中花!
愛車のビートルのシフトに装着するそうです。
棺桶王子ことやー氏のジョッキーシフトSRにも水中花シフトノブが付いてましたな。
70〜80年代のデコトラなどの運転手さんが好んで装着していたファンシーなグッズ。
本気のビンテージ!


ある偉人の頭骨(ウソ)。


ダイヤブロックで造る、汎用人型決戦兵器。
これに乗るとみんながほめてくれるんだ。


そしてザーフリ。

明日はhalogre新店舗にてオープンイベント
POTS DESIGNさんの生ピンスト見れるという事で楽しみです!

BELL STAR

以前の愛機、W650を手放したのが確か去年の12月初旬。
永らくバイクに乗っておらず、バイカーである事を忘れつつある毎日。

新たなオーナーにもらわれゆくダブロク君、哀愁の後ろ姿。
今も達者で暮らしているだろうか。

そんな寂しい毎日に刺激を!
という事で以前からビンテージヘルメット王国halogreにて目を付けていた
BELL STARをゲット!
リックマンに合うメットという事でhalogreオーナーに相談に乗って頂いた一品。


後期モデルの「BELL STAR 120」とは違い、視線の狭い造りに。
顔面の露出が少ない事から、日本の暴走族にも大人気。
通称「族ヘル」。
うむぅ。カッチョイイ!


BELL史上初のオンロード系フルフェイスヘルメット。


頭部の「BELL」デカールも当時のまま。


後頭部にも「BELL STAR」デカール!


内装はもちろんフルリペア!
全国のバイカーの脳みそや大脳新皮質などを守るリペアリング。
グレイトフルなお仕事ですなぁ。


シリアルナンバーや、

安全証明公認マークも当時のまま。

halogreオーナー曰く、
BELL STAR 120」はまだ出て来るが、
「STAR」は 圧倒的にレアなモデルで本当に出て来ぬのだ。
 との事。

そんなレアメットが数多く置いてあるhalogre
まさにビンテージ王国ですなぁ。

バイクもろとも一生大事にしていきます!


地獄滅徒(ヘルメット)

仕事帰りに、ヘルメットと未確認飛行物体の聖地、halogreへ。


所狭しと並ぶ様々なビンテージヘルメット。

リックマンに合うメットの相談に乗って頂きました。

オーナー
オススメはBELL STAR

BELL STAR 120とBELL STAR2。

視界が狭く顔の露出の少ない写真右側のBELL STAR2は、
通称「族メット」。
マッドマックスのワルい方達みたいで族ZOKUしますな。
被らせてもらいましたが確かに良い感じ。

その視界の狭さを改善したのが左側のBELL STAR 120。


そして何故かオススメされた、「鷹」。

なんだか瞳がカワイイ空の王者。
うっすら半笑いの表情に哀愁と歴史を感じます。



「コレにしなさい。」

「あ、もう少し他のも見てみます。」

死ぬ程色んなメットがある中、ビンテージメットのカタログまで見せてもらいました。


ドラッグレース用。
おお!カッコイイ!!
前傾姿勢でコレ被って乗ってたら、ホンマモンに見えそう。


その身を犠牲にし、主のアゴをガッチリガード。
オフロード用トリコロールメット。
BELL MOTOとかのオフ用メットもカッチョいいですが、
リックマンにはBELL STARが良さそう。

むぅ。実物もカタログに載ってるのもカツコイイ。


ファニーな耐久性実験テストの様子。
真剣な表情で鉄の塊にヘルメットを打ち付ける。
彼らの度重なる実験と犠牲になった無数のメットが、
我々陸バイカーの大脳基底核とかを守ってくれております。


燃料噴射装置付自殺マシーンに跨がるライダー達の頭蓋骨や脳髄とかを守るヘルメット。
ネオトーキョーの健康優良不良少年達はノーヘルでしたが、
法律で定められているなら、せっかくなのでイカすのを被りたいですな。


motor square RATにて、リックマンと共に長谷川さんに預かって頂いている、
我がBUCOのギンギラギンヘルメット。
何故かオイル缶と同じ並びに。

これもダブロク乗ってた時にhalogreで購入しました。

今度はリックマン治ったらこれ被ってBELL STARゲットしに行きませう。


| 1/1PAGES |

当ブログはLINK FREEです。
アドレスは
http://rickman-kobe.jugem.jp/
でご登録お願い致します。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RICKMAN HONDA@KOBE

twitter

sponsored links

▼mail to