スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.08.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ピアノマン

梅雨の間はほとんどバイクに乗れておりません。

久々にへんてこなバイクを発見。



サイドカーにピアノ、何故か奏者は裸。

でもヘルメットはちゃんと着用。

しかも道路は濡れています。

シュールすぎてもはやバイクどころではありませんな。

彼は一体どんな音色を聴かせてくれるのでしょうか。

街に幸せをふりまく幸せのバイク。

見かけたら通報間違いなし!

アイアンレーサー

リックマンお迎えのグレートジャーニーの日の夕暮れ時、
鉄馬研究室 ケン氏と共に、ACE MOTORCYCLEへ。


ほぼ完成のケンさんのアイアンレーサー!




その神々しい姿にご満悦の室長




徳山さんのイメージ下書き。
POTS DESIGNさんが筆入れをするそうです。


タンクにはVチェッカーの下書きが!
コチラもPOTSさんが筆入れ。


全体重を乗せ、キックペダルを踏み込み始動するエンジン。

右足をペダルに乗せ、左足を振り上げ、落とす勢いと力で思いっきりキック!
下手すりゃ骨折もの。

エンスト時の再始動の事を思うと胸が張り裂けそうです。


店内に収納後も名残惜しそうな室長

別れを惜しむ恋人のよう。

ここまでの制作の軌跡が事細かに綴られた、神戸鉄馬研究室
色々な事があって間もなく納車予定だそうです!


仮納車!

せっかくのゴールデンウィークなので(関係無く仕事ですが)、
motor square RAT 長谷川氏にご無理を言い、ゴールデンなリックマンを仮納車へ!



という訳で早速、鉄馬研究室ケン総督より賜った、
遠い星のゴムに似た物質で特別な製造法で作られたキーカバーを装着!

通勤と帰りにぐらいしか乗っておりませんが、良く回るエンジンに感激しております。

とりあえずフロントフェンダーの無い状態で乗っておりますが、楽しいです!

ビバ!かりそめのバイクライフ。

ハイウェイスター

ハイウェイを爽快に走る、ボアアップされたCB750。


1マイル=1.609344キロ。
160キロで突っ走れば気持ちいいでしょうなぁ。
日本でこんな走り方したら、即捕縛でしょうが。

私のリックマンも慣れないマイル表記なのでいつの間にか臭いメシ喰ってた、
なんて事の無い様、安全運転心がけます。


140マイル=225.30816キロ。
燃料噴射装置付自殺マシーン。


猿の惑星

motor square RATにて。

ただでさえ小さなHONDAモンキーが更に小さく。

カ、カワイイ!


暗くて見え難いですが、タンクの左横にはシフトノブが。
まさかのジョッキーシフト!


こんなに小さいのにエンジンはボアアップ!
小型燃料噴射装置付自殺マシンですな。


ポケバイの如き愛さしさ!


Dio様も大好きなモンキー。

お店の入り口付近にチョコンと置かれた姿はおもちゃの様でした。

小さなボディでペケペケ走る姿を想像すると心が洗われますな。
運転するの楽しいだろなぁ。

デカくて迫力のある大型マシンも良いですが、小さくて愛らしいバイクも大好きです。


XLCR

ビンテージヘルメットの楽園、halogreオーナー有するXLCR。

1977年〜79年の2年間のみに生産されたレアな旧車!
チョップされたハーレーもカッコ良いですが、
レーシーな燃料噴射装置付自殺マシンもやはりステキ過ぎ!

コンセプトバイクに個性を!というコンセプトで、カスタムが進んでいる様です。

とある日のhalogre前にて。

エキパイ、サイレンサーがホワイトに。
比類なきアプローチ!




前輪、後輪共にこれまたレアなスノーフレイクホイール!


このホイールを装着する為だけにこの世に生を受けた、nice!motorcycle ボヘミアン岡田氏のワンオフカラー。
こだわりと愛を感じずにはいられません。

2頭の聖なる白蛇さま。


でもこの状態のタイヤ、ホイールに速攻で飽きたらしく、
現在、ナイスモーターサイクルにて再度カスタム中!


スノーフレイクの名の示す通り、イノセントな白に塗られ、
リアタイヤはGOOD YEARのEAGLEに!

我がリックマンのタイヤとお揃い!

装着時の姿が楽しみです!

より詳しいカスタムレポは、コチラ

ダーティーダンディー


リックマンといえばフルカウルのレーシーなイメージでしたが、
そのフレーム技術はオフロード、ダートトラックにもぴったり!

 
BULTACO RICKMAN。


これまたスペインのバイク、MONTESA。
現在はホンダのスペイン拠点としてバイクを生産。



マックイーン愛用のトライアンフ。
rickman metisse triumph


相当なバイクマニアだったマックイーン。


オンロードをスピーディーに走るレーシーなマシーンもカッコ良いですが、
荒れた道無き道を砂煙をまき散らしダーティーに走るオフロードマシーンも良いですね。


世界の本田くん。

世界一のモーターサイクルを検証したディスカバリーチャンネル。

カブの頑丈さをスパルタ方式で実践。

食用油をオイルタンクに入れて走行、22メートルの高さから落下など。
いかに過酷な状況でもカブが動くかをアメリカの大人達が、
若干チョケながら実験しております。


うーん。 ヤリ過ぎのような実験ですが、流石は本田技研のベストセラー!

新聞配達から街乗り、ハンティングのお伴まで!



嗚呼、こういう小回りの利く小さくて軽いバイクも良いなぁ。

デビュー当時のレトロな広告。


「ヤング」がナウかった時代の広告。
レインジャーは獲物を求めて走るそうですよ。
ハンティングの為のカブ!!
トラブルと遊べ、ヤンチャボーイ!


実は大好きなハンターカブ。
いつかはセカンドバイクに欲しいもんです。



オシャレなレディにも大人気。
世紀末ハシャげ、おちゃめガール!!

旧き良き時代の広告のセンスの良さには脱帽です。


こ、こいつ...動くぞ!

リックマンの参考になる「画像」ばかりを調べていましたが、
動いているリックマン見てみたい!
と思い、検索すると、結構あるんですね。


止まったままの写真よりも、動きのある動画の方が色んな角度から観れるので参考になりますね。
サイドカバーは伝統的なCBのカバー。
エンブレムがキラッと。


カウルにはリックマンがリックマンである事を表す「RICK MAN」ペイント。


ハンドルはスワロウ。
やっぱセパハンはつらいのか....。


サイレンサーは・・・

ほぼ直管??
良い音させてます。
動画で、颯爽と走る姿を観ると胸が高鳴ります。
今日もじっくりと動画で研究致します。

良い動画をありがとう、名も知らぬボーンヘッズ様。

サイクロン

何気なくテレビ見てて、パチンコのCMで
「サイクロン号」

が気になり調べてみると、
どうやらベース車両はSUZUKIのT20

1965年発売当時、スズキ初の本格スーパースポーツバイクで最もピーキーなマシンだった様子。
これをカスタムしたものらしいです。
どんなカスタムを施しているかというと、
外見のフルカウルやマフラーはもちろん、
動力源を原子力にし、
最高時速は400km/h
ジャンプ力は30m
登坂力が45度で垂直の壁を登る事も出来るという。

そして劇中で普段本郷猛が常用しているのがこれ。

これのハンドルのスイッチを切り替える事でフルカウルの姿に変型。
ライダーベルトから遠隔操作を行う事も可能らしい。

さらに、誘導ミサイルと対超音波砲を装備しているという
まさに「燃料噴射装置付自殺マシーン」。

ベースが250ccなので車検要らずで地獄カスタム!


う〜ん。空想科学バイク、恐るべし!

| 1/2PAGES | >>

当ブログはLINK FREEです。
アドレスは
http://rickman-kobe.jugem.jp/
でご登録お願い致します。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RICKMAN HONDA@KOBE

twitter

sponsored links

▼mail to